白髪.com TOP → 白髪染めの選び方 髪質によって選ぶ

髪質によって選ぶ

髪質を大きく二つに分けると、太くて硬いために染まりにくい髪と、細くて柔らかい髪の二種類に分けられます。細くて柔らかい髪は、比較的ですが染まりやすい性質を持っていますが。そのため、染色力が弱めの白髪染めでも染めることが出来るでしょう。反対に太くて硬い髪質である場合は、染色力もそれなりに強めのものを選ぶ必要があり、染色力が弱いと思ったように白髪を染められないことがあります。

太くて硬いために染まりにくい髪では、強めの染色料を選ぶ必要があるとは先述した通りですが、これには多少なり厄介なことがあります。強めの染色料を使うため、もちろん刺激も強く、使用によって頭皮が荒れてしまうことも少なくないのです。髪質が頑丈であれば頭皮も強いケースはありますが、全てが全てそうというわけでもありません。頭皮がかぶれるようなリスクを背負ってまで、白髪を染める必要があるか考えてみましょう。

細くて柔らかい髪は染まりやすいというのは確かですが、こういった髪質だと強すぎる染料を使えば、思った以上に濃い色に染まりすぎてしまうこともあります。黒に染めるのであればさして問題にもならないかもしれませんが、例えば明るい茶色に染めたいのに、濃くなって暗めの色になってしまうということもあります。染まりやすい髪といっても、染めやすいというわけではないのです。

髪質によって染料は選ぶ必要がありますので、自身の髪質を知るのは重要なことと言えます。


白髪染めの選び方

酒田市の不動産
はこちら