白髪.com TOP → 白髪とは 白髪のメカニズム

白髪のメカニズム

白髪とは、年齢を重ねるにつれて色素細胞の能力が衰えていき、それによって毛髪の色を失い、光を反射して白く見えるようになる状態のことをいいます。歳を経るごとに、どのような細胞であれ劣化していくことが普通ですから、ある程度は仕方ないと言えます。しかし仕方ないとは言っても、見た目の問題から好まないという方もいらっしゃいますし、何とかしたいと思うのも人情でしょう。

そもそも毛髪というのは、毛母細胞から作られるもので、出来上がった当初は白髪なのです。毛髪の色素細胞というのは、簡単に言ってしまえば、元々は白髪であった髪に色をつける物というわけです。色素細胞というのはメラニン色素を生成し、その生成したメラニン色素を髪に混ぜ合わせ、それによって(日本人であれば)髪が黒くなる、ということなのです。

しかしこのメラニン色素が上手く取り込めなくなるなど、毛母細胞に衰えが見え始めると、同時に白髪も出てくるようになります。これが白髪のメカニズムというわけです。メラニン色素が上手く生成できなくなる、紫外線に弱くなるというのは、白髪のみならず、加齢によってお肌にも「しみ」などとして出てくる影響の一つです。メラニン色素の正常な生成が妨げられることで、加齢特有の問題が露になるでしょう。

加齢によって出やすくなる白髪は、細胞の衰えが関わってきています。ある程度は仕方ないものですが、予防・改善の手段が無いというわけでもないです。


白髪とは

【骨盤矯正ベルト・腰痛ベルト】コシラック
http://store.shopping.yahoo.co.jp/koshiluck/koshiluck-belt.html