白髪.com TOP → 白髪とは メラノサイト

メラノサイト

毛髪というのは、毛母細胞によって作られた直後は、実は白髪の状態なのです。その白髪の頭髪に色が付くのは、毛髪が頭皮内で成長する過程で「メラノサイト」という色素細胞が作り出したメラニン色素が、毛髪内に取り込まれることに因るのです。つまりこのメラノサイトが上手く働かなければ、メラニン色素を毛髪内に取り込めなくなり、それによって白髪が出来るというわけです。

細胞は加齢によって徐々に衰えて行くもので、これは毛母細胞でも色素細胞でも変わりはありません。そのため、いつまでもメラノサイトに頼りきりというわけにはいきませんし、白髪を防止したければ、別の部分に気を遣わなくてはならないでしょう。例えば生活習慣を見直したり、ストレスを溜めないよう発散するなど心がけたり、出来ることは多いのです。特にストレスは細胞を衰弱させる原因にもなりますので、適度に解消できるのが一番です。

メラノサイトがずっと健康な状態であれば何の問題もありませんが、歳は必ず取るものであり、同時に細胞も衰えていくもの。なかなか理想どおりにはいきません。色素細胞の弱化というのは白髪のみならず、紫外線による「しみ」などといった問題として表面に出てくるほどのものなのです。いずれは確実に衰えていくものとして、先に割り切っておいたほうが無難でしょう。

メラノサイトは髪を着色するために必要な色素細胞です。しかしこれも、加齢によっていずれは衰えてしまいますので、頼りきりには出来ません。


白髪とは

事務服 パンツ
事務服のパンツなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!