白髪.com TOP → 白髪染めの種類 ヘアカラー

ヘアカラー

ヘアカラーの仕組みは、髪に定着しているメラニン色素を分解していき、染料を髪の内部に浸透させるというものです。つまり元々の色を脱色させるわけですので、メラニン色素を分解していく過程では白髪になっているでしょう。しかしすぐさまヘアカラーとして選んだ色が浸透していきますので、白髪になった瞬間を見ることはまずありません。元々の色と取って変わり、別の色を定着させるのがヘアカラーです。

多くの方は、白髪染めや髪染めにヘアカラーを使用しています。なにしろ、一度使ったら使った部分は半永久的に選んだ色を持続できますし、効果が長期に渡るのを望む方も多いのです。ただし、新しく伸びていく髪の毛に関しては、当然ながら元々の色素から生えてきます。そのため半永久的に効果が続くからと持続していると、地毛が伸びて、いわゆるプリン頭になってしまうこともあるでしょう。

またヘアカラーの使用には、注意が必要です。物にもよりますが、例えばジアミン系といった酸化染料を使用している場合は、頭皮がアレルギー反応を起こしてかぶれてしまうこともあるのです。強力な着色効果を持ったヘアカラーであればあるほど、この傾向は強くなっていくでしょう。その場合は体質に合わないということですので、使用を中断し、それでも髪染めを望むなら刺激の少ないものを選びましょう。

ヘアカラーは効果が長いものですが、しかし体質に合わない場合は使用を止め、かぶれが治まらない場合などは医師に相談しましょう。


白髪染めの種類

札幌市 ピアノ調律
http://www.piano-inoue.com/

ナースサンダル かわいい
かわいいナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ドレスレンタル
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/